FAQ

space
トップページ
space
space

過去の依頼検索

依頼の検索ができます。
検索結果
2015/10/16 放送
局長だけでなく秘書や顧問、探偵たちも涙するネタ登場!
【内容】
依頼は、たむらけんじ探偵が調査した『4歳児、岐阜へ』、間寛平探偵の『仲の悪い犬と猫』、竹山隆範探偵の『三つ子の見分け方』の3つ。

1.『4歳児、岐阜へ』探偵/たむらけんじ

宮崎県の主婦(34)から。先日テレビで“栗ひろい”をしている様子を見た息子が急に「栗を拾いに行く」と言い出した。岐阜のおばあちゃんの家の裏に栗林があるのを覚えていたようでリュックと10円玉が4個入った小銭入れを手に家を出ようとした。「そのお金じゃいけないから、だめよ」と諭すと「お菓子を買ってくる」と言って家を出た。なかなか帰ってこないので心配しているとお菓子屋さんとは反対方向に住む知人が「バス停にいた」と家まで連れてきてくれた。彼は1人で岐阜ヘ行こうとしていたらしい。どうやって行くつもりだったのか聞いてみると、彼の岐阜までのルート説明はほぼ正しかった。保育園でいつも泣いているような内気な子が、ウソまでついて行動したのには理由があるとさりげなく聞いてみると「妹に栗を食べさせたかった」と言う。2歳の妹が11月に心臓の手術を受けるので、手術の前に拾った栗を食べさせたかったらしい。このままだといつ1人で家を出ていくかわからない。かといって親がついて行っても彼は満足しないだろうし、何か学ぶこともないと思う。そこで、探偵さんに彼の岐阜までの旅に同行してもらえないか、というもの。

2.『仲の悪い犬と猫』探偵/間 寛平

沖縄県の男性(38)と女性(28)から。我が家で飼っている犬のニムと猫のチャチャが、仲が悪くて困っている。元々猫のチャチャを飼っていて、1年前に犬のニムを飼いはじめた。私がチャチャを抱いていると、それを見たニムがチャチャを攻撃。最初のうちチャチャはニムを相手にしないが、相手にしてもらえないニムがチャチャを噛み、噛まれたチャチャがニムを噛む。見るに見かねてニムも一緒に抱こうとすると、チャチャは体をのけぞらせてニムから逃げ出してしまう。喧嘩するほど仲がいいとはいうが、できれば両手にニムとチャチャを抱いて、仲良く寄り添って欲しいと思う。どうか、ニムとチャチャを仲良くさせてもらえないか、というもの。

3.『三つ子の見分け方』探偵/竹山 隆範

徳島県の女性(42)から。うちには一卵性の三つ子ちゃんがいる。5歳の3姉妹だが、近所に住んでいるおじいちゃん(私の父)は、とても可愛がっていて毎日のように顔を見に来るが、未だに3人の区別がつかない。1人1人よく見ると、ほくろの位置などで何とかわかる時もあるようだが、遊んでいるときなどは全く区別がつかない。勇気を出して名前を呼んでも、間違えて怒られてばかりだ。私と3歳の妹は完璧で、夫と長男、次男、おばあちゃんは、だいたい分るようだ。おじいちゃんが孫と遊ぶたびに戸惑っているのは気の毒なので、なんとかおじいちゃんに三つ子の見分けがつくようにして欲しい、というもの。
space 検索結果に戻る