ENTRY
ENTRY
HR MESSAGE
人事部
メッセージ
HR MESSAGE
人事部メッセージ

その感性と
挑戦心があれば
すぐに活躍できる。

人事部長 清水 雄一郎

いろいろな人に
人事課長 大久保 文雄

昔ある水族館を訪れた時、展示の冒頭に「進化は進歩ではない」という言葉が掲げてあることに感銘をうけたことがあります。 放送業界、いや世の中全てが激しく変化しているように思える今、「進歩しなければ」というプレッシャーは世界中を覆っています。 勿論環境に合わせての変化が必要な時もありますが、「進歩」した結果絶滅した生き物も多くあります。「絶滅しなかった種は結局運が良かっただけ」という論もあるくらいです。
ただ、確実なことは「多様性を持つ種が残る」という事です。一見無駄に見えた遺伝子こそが、その種を何億年も存続させている理由になることもあるのです。朝日放送テレビがこれからも生き残っていくためには、この多様性こそが絶対に必要だと私は信じています。 関西の放送局らしく、関西を舞台にした古典の言葉を借りれば、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者、のような方とぜひ一緒に働きたいと思っています。もちろん普通の人間にもめちゃめちゃ興味があることだけは付け加えておきますが。

来たれ!高気圧人間
人事課長 澤野井 信宏

テレビを取り巻く環境は大きく変化し、厳しい時代を迎えていると言わざるを得ない状況で、皆さんは朝日放送テレビで何をしたいですか?なぜテレビ局を志望するのでしょう?そこを自身の中で突き詰めてみてください。そして生まれる熱い思いを是非聞かせてください。 我々も今大きな変革期の中で、今後の朝日放送テレビの在り方を真剣に考えています。テレビは時代を映し出す鏡。時代の変化と共に、求められることや価値観は変化し続けます。そしてそのスピードはどんどん速くなってきています。変わっていくことは確かにちょっと怖い。でも意外と適応したり進化したりしていることが多いですよね?その変化をPassionを持って楽しめる人がいいです。 皆さんの新しい感性で、次の時代のテレビをワクワクしながら創っていきましょう!

「楽しめる人」募集中です!
人事部 関灘 春菜

「今、あなたはどんな仕事をしていますか?」。 入社3年目になる私の同期は、全部で14人。でも、この質問をしてみると、ひとつとして同じ答えは返ってきません。そのぐらい、若いうちからさまざまな経験(しかも、普通ではなかなかできない経験ばかり!)をさせてもらえる会社であることは、朝日放送テレビの大きな魅力のひとつです。 そして、メディアが変革を求められているこれからの時代、地上波放送のありかたは日々変わっていくでしょうし、いちテレビ局として、まだ想像がつかないような新規事業にもどんどん挑戦することになると思います。その未来を担うことになるのは、これから入社する皆さんです。・・・と聞いて、少しでもワクワクした方は、ぜひ朝日放送テレビにエントリーしてみてください! 皆さんにお会いできることを、心から楽しみにしています。