MESSAGE | メッセージ

【MESSAGE/人事部メッセージ】来たれ!挑戦を楽しめる人材(人事部長 小林 正太郎)

今、放送業界に大きな変化の波が来ています。しかし、変わらないことがあります。面白く、話題になるコンテンツは見られ続けているということです。
朝日放送テレビは“10年ビジョン”で「家族(ファミリー)をつなぐエンターテイナー」を掲げています。家族がリビングでスポーツ中継を見て一緒に応援したり、番組を見ながらSNSで友人と盛り上がったりできるような、話題になるコンテンツを制作し、人をつなげたいと思っています。
「M-1グランプリ」のようにムーブメントを引き起こすようなコンテンツを作りたいと思う方、是非来てください!
また、これまでは関西でしか見られなかったコンテンツも、動画配信により全国で視聴が可能になっています。コンテンツの展開方法もどんどん拡大していきます。
是非、新たな領域に挑戦することを楽しめる方、
一緒にチャレンジしていきましょう!

【MESSAGE/人事部メッセージ】テレビの未来ってどうなるんだろう、最近よく考えます。(人事部 マネージャー 荻原 知明)

私が入社した28年前、インターネットはおろかガラケーさえも普及していなかった時代、テレビを取り巻く環境がここまでドラスティックに変貌するとは、恥ずかしながら想像すらしていませんでした。
今はどうでしょう、テレビのあり方が大きく変わっていくであろうこと、変わらなければいけないこと、容易に想像できますよね。
みなさんはテレビの世界にどんな未来が待っていると思いますか?
明るい未来ですか、それとも・・・
そんなテレビの未来を創るのは、これからテレビの世界に飛び込んでくるみなさんです。みなさんの力を持ってすれば、テレビの未来はいかようにも変えることができるんです。みなさんの手で、朝日放送テレビの仲間とともに、テレビの未来を創りませんか。
みなさんが思い描くテレビの未来を、私達に見せてください。
楽しみにしています。

【MESSAGE/人事部メッセージ】何をなすべきか?(人事部 課長 大久保 文雄)

去年の採用活動を通して、学生の皆さんから一番多く受けた質問が、「学生時代に何をすれば良いと思いますか?」というものでした。勉強、部活、留学、世界一周貧乏旅行、起業、イベント企画、ボランティア、トライアスロン、映像制作、、、、心躍る答えはいくつでも思いつきます。
でも
何かしなきゃ・・、だけど何をしたら良いかわからない、そもそも何かしなきゃダメなの?
そんなフワフワした気持ちを抱えて毎日を過ごしているあなた。そんな気持ちだって決して捨てたものじゃありません。みんなが前のめりになったお祭りのような世の中で、夕凪のようにてろてろな時間を過ごそうと思う人だっていてもいいじゃないですか。
自分なりのスピードで、自分だけの目的地を持つ人。
そんな人にも会ってみたいなあ、なんてことを思っています。

【MESSAGE/人事部メッセージ】「こだわり」と「人間味」のある濃い人、待ってます。(人事部 主任 澤野井 信宏)

テレビの世界に限らず、どんな世界でも「こだわり」って大切だと思います。こんな時代だからこそ、何かに凝ってみて、そしてこだわらなければならない。“どうしてもこうしたい、必ずこうなりたい”強いこだわりは、力となって形になります。
我々朝日放送テレビが創り出すものは、今や番組だけに限らず多種多様。変幻自在の夢と可能性が拡がる世界がそこにあります。
それぞれの仕事にあなたのこだわりを活かして欲しい。そして新しい価値観を創造して欲しい。それだけのフィールドは必ずあると確信しています。自分なりの譲れないこだわりがある人、お話を聞かせてください。
あとは何でしょう・・・?愛かな?
人に対しても、仕事に対しても、熱き愛の溢れる方 待ってます!

【MESSAGE/人事部メッセージ】着飾ることなく、自分らしく(人事部 水野 里香)

嬉しい、楽しい、悔しい、悲しい・・・。
入社してからたった4年間で多くの感情を経験しました。
日々いろんな人と一緒に仕事をし、ひとつの番組にし、多くの視聴者の方に伝える。
こだわりが詰まれば詰まるほどしんどくなりますが、楽しい!面白い!が不思議と上回るそんな仕事ばかりです。毎日が新鮮なことばかりだからかな?と思います。
朝日放送テレビは若手でも何でもやらせてくれて、そっと背中を押してくれる先輩がいる温かい場所です。決して楽しいことだけではありませんが、現場に出ればいろんな刺激に囲まれます。
今は、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
朝日放送テレビでお待ちしています。