サウナーマン

Introduction

イントロダクション

サウナの中では、外見も。地位も。
名誉も。関係なし。

オレンジ色に火照った
男たちの汗が滴り落ちるサウナを舞台に
10年間涙を流していない
ヨシトモ(眞島秀和)
サウナにやってくる様々な客たちの
熱い人間模様を通じて
心を取り戻していく人情ドラマ短編集!

あらすじ

男たちが黙々と汗を流しに来る場所、サウナ。ところが、黒柳ヨシトモ(42・眞島秀和)がふと立ち寄った『泪湯』は、“汗と一緒に涙も流そう”を謳う風変わりなサウナだった——。
ある時は恋愛相談、ある時は家族の愚痴、またある時はほろ苦い昔話…。ありふれた話題にすら、男たちは皆、心を解放し恥じらいなく涙を流している。感情を失って10年のヨシトモには到底できないことだったが、常連客たちはそんなヨシトモを熱烈歓迎。こうして『泪湯』に居場所を見つけたヨシトモは、常連客だけでなく、入れ替わりやってくるさまざまな男たちが人間模様を繰り広げるこの熱量の高いカオスな空間に、日々通うようになる。
泣くことも、笑うことも、さらには他人に触れるのが嫌で握手もできないというヨシトモと、心も体もすべてさらけ出す、まさに素っ裸な男たちとの間で続く不思議なサウナ交流。それはやがて、泣けない男、ヨシトモに忘れていた感情を取り戻させていく…。

キャスト

  • 主演:眞島秀和

  • 山中崇、七瀬公、仁科貴、
    北川尚弥 / 森下能幸
  • ゲスト出演:
  • 猪塚健太、小澤亮太、小南光司、佐伯大地、柴崎楓雅、鈴木晋介、寺中寿之、でんでん、糠信泰州、野々村真、
    パックンマックン(パトリック・ハーラン、吉田眞)、フィガロ・ツェン、ブラザートム、本間淳志、水間ロン、六平直政、
    山田章仁(現役ラグビー選手)※五十音順

【放送情報】
ABCテレビ8月25日(日)スタート 
毎週日曜 深夜1時57分~

【配信情報】
地上波放送後より、TSUTAYAプレミアムにて独占配信。
※他社見逃し配信を除く

Comment

コメント

  • キャスト名

眞島秀和
 (黒柳ヨシトモ 役)

最近、サウナが流行っているということは知っていたのですが、まさか自分が主人公でサウナのドラマに出演するとは思いませんでした。
市井監督からお話をいただいた際、ただ、サウナの面白さやサウナの魅力を伝えるドラマというより、登場人物の人間模様にスポットを当てたハートフルコメディーということを知り、非常に惹きつけられたことを記憶しています。
撮影は、サウナという一つのシチュエーションで行いましたが、裸の付き合いだったからでしょうか、非常にキャスト・スタッフみんなが心の距離が近く一丸となって作り上げられたと思います。
今回、個性派俳優さんたちに加え、若いイケメン俳優さんも多くゲスト出演しており、皆個性的なキャラクターで次々に登場します。
あまり今までに見たことのないドラマとなっておりますので、是非全ての短編をじっくりとお楽しみにしてください。

市井昌秀
 (監督・脚本)

サウナの中では全員、肩書きも年齢も国籍も生きてきた軌跡も関係なく、ただただ「平等に裸」です。
そんな当たり前なことが愛おしく思えるのは歳のせいかもしれませんが、「サウナ内だけで繰り広げられる男たちのドラマをやりませんか?」とプロデューサーに打診された際、即決した理由は、そんな言葉が脳裏に浮かんだからです。
泪湯のサウナに訪れる登場人物は普段どんな仕事をして、どんな生活をし、どんな過去があるのか?
それらは、サウナの中だけだから、彼らの会話や佇まいでしか表現できませんし、むしろ一切表現しない場合もあります。
しかし、サウナの中だけだからこそ、登場人物たちの人間模様を、視聴者の皆さんが宇宙の果てまで想像力を膨らませて楽しんで頂けたら嬉しいです。

平沢克祥
 (企画・プロデュース)

密室の空間で、黙々と熱さに耐え汗を流す裸の男たち。
もしこの空間で各々が語り出したら…と想像したのがきっかけで、市井監督に打ち明けたのが始まりでした。
そこから監督によるオリジナル脚本でサウナーマンが具現化することができました。
そして、眞島秀和さんを主演にお迎えし、共演陣も非常に個性豊かなベテラン俳優から、2.5次元舞台やプロスポーツ等で活躍する方々まで、徹底的に拘ったキャスティングになっています。
全編“裸”で、全30汗(エピソード)からなる短編集と、今までにない新感覚ドラマが誕生しました。
是非お楽しみください。

Story

ストーリー

第1汗【汗と涙】
黒柳ヨシトモ(眞島秀和)は、ふと訪れたサウナで汗とともに涙を流す男たちに出会う。サウナの掟は『汗と一緒に涙も流そう』。この10年、泣くどころか笑ってさえいないヨシトモだったが、男たちはその異質さも含めヨシトモを歓迎する。しかし、ヨシトモは求められた握手を拒否。実はヨシトモは握手もできなかったのだ!?
第2汗【パワースポット】
常連客の一人、佐藤(仁科貴)は現役の刑事。勤務中にも関わらずサウナに入り浸る間、拳銃は脱衣所のロッカーにあると聞きヨシトモの心が微かに動く。佐藤の趣味はギャンブルと寺社仏閣巡り。それに対しヨシトモが放った一言が、サウナ内に緊張を呼ぶ!
第3汗【日焼け】
サウナにきっちり右半身だけ日焼けした男がやってくる。関心を示さないヨシトモをよそに、常連客の南野シューイチ(山中崇)らはその理由をあれこれ推理。その後、声をかけてみるのだが、男の告白に謎は一層深まる。

第4汗【最高のデート】
黒柳ヨシトモ(眞島秀和)の変わった食生活が話題になっているところに、役者志望の諸星愛海(七瀬公)が項垂れながら入室してくる。イケメンなのに失恋を繰り返し、その度にサウナで涙している愛海。今回は振られる理由がまるでない“最高のデート”だったと言い張る愛海だが…?
第5汗【モヒカンを止める日】
モヒカン頭の稔くん(北川尚弥)がカツアゲ被害に遭う。髪型のせいで難癖を付けられがちな稔くんだが、性格はパンクとは真逆で優柔不断。内面同様に髪質も柔らかく、整髪料頼みの生き方にやり切れなさを覚えた稔くんは、ついにモヒカン卒業を宣言。ところが…!
第6汗【怪談】
サウナ初体験の少年(柴崎楓雅)が父親(野々村真)とともにやってくる。佐藤(仁科貴)と南野シューイチ(山中崇)は、少年が熱波で苦しまないよう怪談で体感温度を下げてあげることに。ヨシトモも頼まれ語り始めるが…予想外の恐怖が男たちを襲う!?

第7汗【復活!小畑岸男 前編】
泪湯一番の古株で情報通の小畑岸男(森下能幸)が、病気療養を終えサウナに戻ってくる。南野シューイチ(山中崇)いわく「なんでも悟っている」小畑は、初対面の黒柳ヨシトモ(眞島秀和)の“こじらせ”にも理解を示し、相変わらず失恋に涙している諸星愛海(七瀬公)には自身の恋話を説いて聞かせる。
第8汗【復活!小畑岸男 後編】
小畑は、泪湯で男たちが流す涙には、口にはしない本当の理由が別にあると言う。「誰しも他人には言えない秘密の一つや二つはあるでしょ?」と小畑。その言葉が、なぜかヨシトモの脳裏から離れなくなる…。
第9汗【間】
シューイチは、ある時、ヨシトモのふとした変化に気づく。ヨシトモ本人は無自覚だったが、シューイチの「生き物とか飼ってみたら?」とのアドバイスをきっかけに、まだ感情があり、犬2匹と暮らしていた当時の話を始める。その内容はそこそこ面白く、シューイチを引きつけるが…。

第10汗【汗という名の塩】
腹を壊した佐藤(仁科貴)が苦しんでいるサウナに、ペットボトル持参の須藤光一(小澤亮太)が入室してくる。南野シューイチ(山中崇)は「飲食禁止だ」と咎めるが、実はその中身は…!? 驚愕の中身と佐藤の腹具合が、笑い同様、苦しむこともできない黒柳ヨシトモ(眞島秀和)に災いをもたらす!!
第11汗【鯉と海老フライ】
一見して裏稼業とわかる男、貞さん(ブラザートム)が初客としてやってくる。漂う緊張感の中でヨシトモは、笑ってはいけない状況だと笑いたくなる自分を発見! 嘘か誠か、堅気だという貞さんは、見た目の苦労話を披露しヨシトモらに笑っていいと促すが…。
第12汗【お婿さん】
またしても彼女に振られて落ち込んで涙している諸星愛海(七瀬公)を励ます常連の佐藤(仁科貴)、シューイチ、小畑岸男(森下能幸)。そんな中、すぐ横で聞き耳を立てるヨシトモに異変!愛海の失恋理由が判明した瞬間、ついに堪えられず…。

Watch

放送&配信

  • TVer
  • GYAO!

Staff

スタッフ

監督・脚本
市井昌秀
プロデューサー
渡辺晃司
企画・プロデュース
平沢克祥
制作
ABCリブラ
製作
ABCライツビジネス