相席食堂

2018729日(日) 放送

イメージ写真
出演者
千鳥(大悟・ノブ)
旅人
渡部陽一
MENU

みどころ

ある日突然、有名人が田舎の食堂に現れ、地元の人にいきなり相席をお願いするという行き当たりばったりの旅を、“田舎出身&ロケマスター芸人”の千鳥がスタジオでツッコミながら見守る“芸能人と地元民のガチ交流バラエティー”。千鳥はVTR中に気になるところがあれば、2人の目の前にある“待てぃボタン”を押してVTRを止め、自由に突っ込んでいく。

渡部陽一の旅!

誰が、どこに行くのか、千鳥には何も知らされないまま、ロケVTRはスタート。今回、旅人が向かうのは青森県東津軽郡の龍飛。名曲「津軽海峡・冬景色」に歌われる龍飛崎が有名な津軽半島最北端の町だ。最寄り駅は終着駅でもある「三厩(みんまや)駅」。旅人の戦場カメラマン“渡部陽一”が「くぉんにちは」とゆっくり挨拶するやいなや“待てぃボタン”を押す千鳥。「最ブレイクを狙ってヤッとるわ」と厳重注意。

「出会った方々のドラマを写真に残していきます」と意気込みを語り、三厩駅から龍飛崎を目指す。「この番組は人々と出会うドキュメンタリー番組と伺っています」と、何か勘違いをしている渡部。散髪屋さんを見つけると、突然、「髪の毛、切ってもいいですか?」と言い出す始末。

「今までで1番ぶっ飛んでいる」と開いた口が塞がらない千鳥だが、その後も2人の予想をはるかに上回る爆笑相席旅が続く!

老夫婦のお宅にお邪魔し、昼食を食べる2人の姿を“見るだけ相席”!?そして2人の写真を撮ろうとしたところ、まさかの大失態!

エンディングまで続く数々の珍行動に「この人はホンマに天然なんかな?」と徐々に疑いを持ち出す千鳥。相席旅を通じて、真の渡部陽一が明らかとなる!

相席食堂 公式Twitter @aiseki_syokudo