平成生まれ3000万人!そんなコト考えた事なかったクイズ

2018828日(火) 午後7:009:48 放送!

イメージ写真
司会
浜田雅功 ヒロミ
オドロイター
浅野ゆう子 勝俣州和 川島明
草刈民代 草野仁 千原ジュニア
森田正光 和田アキ子
(五十音順)
アシスタント
ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)
MENU

みどころ

昭和生まれにとっての当たり前は平成生まれに通用するのか?

それを検証するため、昭和生まれの芸能人たちが「平成生まれでもさすがに知っているだろう」ということをクイズで出題していくバラエティ!

平成30年を迎え、今や平成生まれが3000万人を越えた日本。だが平成生まれの若者たちの中には、昭和世代にとっては当たり前の事を、「そんなコト考えた事ないから知らな〜い」で済ませてしまう者がいるという。はたして本当にそんな平成生まれは存在するのか?それを検証するため、番組では一般の昭和生まれの方々に「平成生まれと接していて驚いたことってありますか?」というアンケートを実施。戻ってきた驚くべき回答をもとに、平成生まれの若者30人にクイズを出題する。

出題者は、浅野ゆう子、勝俣州和、川島明、草刈民代、草野仁、千原ジュニア、森田正光、和田アキ子(五十音順)ら、昭和生まれの『平成生まれにオドロイター』たち。昭和生まれが驚いたアンケートの回答から「平成生まれでもさすがにこれは知っているだろう」というものを、一人一問ずつ出題。平成生まれの30人全員が正解したら、問題ごとに若者たちに100万円が渡され、山分けすることができる。さらにクイズのあとには、「昭和生まれも考えたことない○○なコト」として、オドロイターたちがクイズで出したテーマに関する情報を紹介。昭和生まれでも思わず「知らなかったー!」と言いたくなる意外な事実が明かされる。

番組内容

勝俣州和が出題「牛肉は牛の肉。豚肉は豚の肉。ではトリ肉は何の肉?」

最初の『平成生まれにオドロイター』は勝俣州和。「牛肉は牛の肉。豚肉は豚の肉。ではトリ肉は何の肉?」という驚きの問題を出題する。これにはMC浜田も「これはちょっとなめすぎちゃう」、『オドロイター』のリーダー役のヒロミも「世の中でこういう問題が出るクイズ番組はないよ!」と呆れ顔だが、浜田による平成生まれ30人の回答チェックが始まると、まさかの事態が…。勝俣も思わず「大学やめちまえ!」と叫んだ平成生まれの若者たちの答えとは!?

クイズのあとは、勝俣が「昭和生まれも考えた事がないニワトリのコト」として、「ニワトリは白いのに、なぜひよこの時は黄色いのか?」「地鶏ってどんなトリ?」などの情報を紹介。昭和生まれのオドロイターたちも知らなかった驚きの事実が明らかになっていく……。

 

草刈民代が出題「ご飯の真ん中に梅干し一つが乗っているこの弁当、一般的に何と呼ぶ?」

「(出題者になるのは)初めてなので、ドキドキしてます」という草刈民代が用意してきたのは、「ご飯の真ん中に梅干し一つが乗っているこの弁当、一般的に何と呼ぶ?」という問題。草刈自身「たぶん誰も間違えないと思います」とコメント。浜田も「これはもうパパっと書いてとりあえず100万円もらおうよ」と煽るが、はたして平成生まれの大学生30名は全員正解することが出来るのか!?

この後、草刈は「なぜ日の丸弁当は白米に梅干しを載せるのか?」を昭和生まれのオドロイターたちに出題。さらに梅干しは漬けてから3年くらいで「いい塩梅」になるが、「日本一の梅の里」として知られる南高梅の発祥地、和歌山県みなべ町には150年前の梅干しがあることを紹介する。現在、同町のお寺に保存されているその貴重な梅干しがスタジオに登場。千原ジュニアと草野仁が食べるが、果たしてそのお味は…?このほか、梅干し以外で殺菌効果のある食べ物も紹介。

 

川島明が出題「車はガソリンで動いているが、電車は何で動いている?」

続いての『平成生まれにオドロイター』は「これで正解しなかったら収録中止した方がいいというサービス問題を持ってきました」という川島明。用意してきたのは、「車はガソリンで動いているが、電車は何で動いている?」という問題だ。平成生まれの若者たちからは「普通に考えていいんですね」という質問が上がるのだが、はたして?

続いて川島は「昭和生まれも考えた事がない電車と電気のコト」として、「なぜコンセントは2つ穴が開いているか?」「なぜ鳥は感電しないのか?」などの情報を紹介する。

 

浅野ゆう子が出題「家庭で使うガスは元々地球上のどこにあるもの?」

浅野ゆう子が用意してきたのは、「家庭で使うガスは元々地球上のどこにあるもの?」という問題。ここで浜田は「もう10人間違えてもええわ」という特別ルールを提案。つまり平成生まれ30人中20人が正解すれば100万円が貰えることに。ヒロミも「こんなに優しいのは世の中にないから頼むよ」と期待を寄せるが、はたして平成生まれたちはこのハードルをクリアできるのか?

このあと浅野は「ガスはどうやって地中で出き、採れたガスはどうやって船で運ばれるのか?」についてプレゼン。昭和生まれのオドロイターたちも知らなかった事実が紹介される。このほか、「出来たてのガスの匂いはどんな匂いか?」「東京ガスのガス管を全部つなぎ合わせると、東京からどこまで行けるか?」などの情報も紹介。

 

和田アキ子が出題「トイレのウンチはどこを通り、どこへたどり着く?」

続いての『平成生まれにオドロイター』は和田アキ子。「日常生活の中でも当たり前中の当たり前。これはもう皆考えたことがあると思います」と語る和田が用意してきたのは、なんと「トイレのウンチはどこを通って、どこへ着く?」という問題。ここでもMC浜田により「20人正解したら100万円!」の特別ルールが適用されるが、平成生まれ30人は100万円をゲットできるのか!?

このあと和田は「なぜウンチは詰まらず下水処理場まで運ばれていくのか?」や「流れ着いた下水処理場でどうやって処理されているのか?」について、昭和生まれのオドロイターたちとやりとりしながら解説。さらに「ウンチは最後どうなるか?」という問題の答えとして、普通の人が知らない所でウンチが再利用され、スゴいものに生まれ変わっていることを紹介する。

 

森田正光が出題「雲から降る雨、そもそもどこの水?」

「私いま最年長お天気キャスターなんです」という気象予報士の森田正光が用意してきたのは、「雲から降る雨、そもそもどこの水?」という問題。ここでも浜田により引き続き「20人正解したら100万円」の特別ルールが適用されるが、なんと平成生まれ30人の中に森田正光の教え子がいることが判明!この問題は当然出来ないといけない彼女は正解できるのか…?

続いて森田は「雲がないのに雨が降る天気雨の仕組み」を解説。さらに「森田も驚いた不思議な雲ベスト3」として、空にぽっかり穴があいたように見える雲や、ロケットが作った神秘的な雲などを紹介する。

 

千原ジュニアが出題「夜に輝く月。どうして光っている?」

千原ジュニアが用意してきたのは「夜に輝く月。月はどうして光っている?」という問題。ここでは「20人正解したら100万円」に加え、なんと「全員正解で200万円!」という仰天ルールがMC浜田の独断により適用され、平成生まれ30人のテンションは最高潮に。「これはもう考えればすぐわかる」とプレッシャーをける浜田だが、果たして結果は…!?

「今回僕も月のことを色々勉強してきました」という千原ジュニアは、昭和生まれたちに対し、「月が三日月や満月に変わる理由は?」「月はいつも同じ面しか見えない。その理由は?」などについても解説する。

 

草野仁が出題「1年が366日ある年を何という?」

草野仁が用意してきたのは「1年が366日ある年を何という?」という問題。MCやオドロイターたちからは早速「これは草野さん優しすぎますよ」(川島)、「これをクイズにする番組ないですよ」(ヒロミ)という声があがる。ここでも浜田により「全員正解したら200万円!」の大盤振る舞いルールが適用されるが、平成生まれによる200万円ゲットなるのか!?

続いて草野は、このうるう年という言葉の意味を解説。さらに「なぜ2月に1日足されたのか?」などを紹介する。