高校野球開幕直前SP
渡部・ザキヤマの高校野球研究部3

201884日(土) 午後4:254:55放送!

イメージ写真
研究部部員
渡部建(アンジャッシュ)
山崎弘也(アンタッチャブル)
藤田憲右(トータルテンボス)
いけだてつや
かみじょうたけし
マネージャー
小芝風花
顧問
安藤嘉浩(朝日新聞編集委員)
顧問見習い
津田理帆(ABCテレビアナウンサー)
MENU

みどころ

一昨年に発足した、高校野球大好き芸人が集う「高校野球研究部」。メンバーは「高校野球への愛、知識なら負けない!」という猛者たちだ。今年は記念すべき100回大会ということで、高校野球研究部はその歴史のなかで生まれた数々のアイドル球児たちについて「関西の老若男女500人」に投票してもらい、研究部オリジナルの「甲子園をわかせたアイドル球児ベスト100」を作成した。名シーンも満載のその映像を見ながら、渡部建、山崎弘也、藤田憲右、いけだてつや、かみじょうたけしら高校野球を愛してやまない研究部員たちが各選手への思いや、大会中の知られざるエピソードなどを発表していく。

また研究部顧問の安藤嘉浩(朝日新聞編集委員)は、自ら取材した際の記録や記憶などをもとに当時の秘話や球児たちの情報を解説する。

果たして放送時間30分の間に100位まで発表できるのか!?

甲子園をわかせたアイドル球児ベスト100

甲子園をわかせたアイドル球児ベスト100を、なんと惜しげもなく1位から順にVTRで発表する。研究部員たちは、ランクインした選手を見て、「この選手のことを喋りたい」と思ったら手元のボタンを押し、その選手への思いや研究発表をしていく。「今年は熱が違う!」(渡部)、「こんなに沢山の代表が出ることはない」(山崎)、「記念大会は何かが起こる」(かみじょう)、「今年は出場校も56校と過去最多。どこも気合いが入っている」(藤田)と興奮気味だ。

ランキングには、ハンカチ王子として女性たちを熱狂させた投手、3年の夏の決勝で2本のホームランを放ち甲子園が一番似合う男と言われたスラッガー、甲子園の元祖アイドルとなった投手などがランクイン。

そして高校野球大好き芸人として名を馳せる研究部員たちが、思い入れのある球児のエピソードを熱く語る!

トータル藤田の「パねぇ100回大会!」

トータルテンボス藤田が「こりゃパねぇ」と感じている100回大会の見どころを発表。「大阪桐蔭根尾君の肉体がパねぇ!」では、今年春のセンバツで優勝し、春夏連覇の期待もかかる大阪桐蔭高校の注目選手の鍛え上げた肉体がいかにすごいかをプレゼンする。

続く「智弁和歌山!打倒大阪桐蔭の想いがパねぇ!」では、今年春のセンバツで大阪桐蔭に敗れ準優勝した智弁和歌山が、この1年間公式戦で5度大阪桐蔭と対戦しながらも勝ち星がないことを紹介。はたして記念すべき100回大会での因縁の対決は実現するか?

そして番組の最後に、マネージャーの小芝から今回の研究発表が一番良かった部員が発表されるが、果たして研究部のエースに輝くのは誰なのか?