大阪にがて克服ツアー
~ホンマはエエとこやでぇ~2

201877日(土) 午後 3:555:25放送!

イメージ写真
MC
陣内智則
進行
月亭八光
大阪にがて芸能人
草刈民代、IMALU、加藤一二三
コーナー出演
タージン
MENU

番組概要

大阪が苦手な芸能人に大阪の魅力を紹介し、好きになってもらう「大阪にがて克服ツアー」の第2弾!

大阪代表の陣内智則と月亭八光が“大阪苦手芸能人”の草刈民代、IMALU、加藤一二三をご案内!

難波では“めっちゃコスパのええお店巡り”!神コスパのお寿司屋さんでは衝撃の安さに仰天!コスパ抜群のストレス解消スポットでは「カ・イ・カ・ン」体験!?

番組恒例の“商店街で値切り体験”に3人が挑戦!関西のナンバーワンリポーター、タージンにコツを教えてもらうが、ひふみんがたこ焼き屋で迷走する!?

大阪が誇る、今、人気ナンバーワンの観光スポット「太陽の塔」を見学し、感激する!

みどころ

多くの観光客で賑わう大阪の繁華街、難波にやって来た一行。なかでも、明石家さんまを父に持つ、東京出身のIMALUは「身近にあの濃厚な関西人がいるから、ホントは苦手…」と、大阪については意外な反応。そんな「東京人が思う大阪の苦手なところ」を紹介する。番組が調べてみると、「図々しい、デリカシーがない」「笑いに厳しい、話にオチがないと怒る」「すぐにお金の話をしたがる」「うどんにウルサイ」「東京への対抗意識が目に見える」など、様々なイメージが上がるが、草刈は「お金にシビアなイメージがある」と話す。これには、陣内が「食べるものでは、東京は美味しいけど高い。関西は美味しくて安い!」と、関西の魅力を紹介。そこで、一行は難波で“めっちゃコスパのええお店巡り”に出発する。コスパ抜群のお店として八光が案内したのは、創業30年の人情味あふれる大衆居酒屋。「いい物をより安く!美味く!早く!」がモットーで、店内はいつもいっぱい。一行は名物の「カステラ」を味わうが、居酒屋で「カステラ」とは、いったい…?その美味しさと値段の安さに驚いた一行は、若者が集まるウラなんばへ向かう。

八光が「神コスパの店」と絶賛するのは、新鮮なネタを使ったお寿司が激安で食べられる大人気のお寿司屋さん。名物の「メガ盛りネギトロ」のボリュームに驚いた3人は、その美味しさと信じられないほどの安さにびっくり!大将が明かす神コスパの理由とは?

さらに、八光は「めっちゃコスパのええストレス解消スポットがある」と、一行を案内。お皿を割ってストレスを発散することのできる話題のお店だが、今回は射撃コースを体験する。ストレスについて聞かれ、「『リアクションが薄い』とよく怒られる」というIMALUは、「いちいちリアクションなんてしたくないよ~!」と叫びながら、ガス銃で的を射撃!歌うことが大好きだというひふみんは、存分に歌を歌いながら射撃し、「最高に気分がいい!」とご満悦。一方、草刈はソフトエアガンで的のお皿を連射し、映画「セーラー服と機関銃」のような「カ・イ・カ・ン」体験を!?

また、鰻を釣って、その場でかば焼きにしていただけるというお店を訪ねる。「東京で鰻を食べたら5000円ほど?ここなら釣りが1000円、焼き200円!」と、コスパのよさをアピールする八光。そこで、3人に陣内も加わり、4人で鰻釣りに挑むが…!?