大阪人の謎カル“チャー” 調べてみたらスゴかった“ワォ”!7

2018331日(土) 午後2:304:00 放送!

写真
MC
たむらけんじ
岡田圭右
喜多ゆかり(ABCアナウンサー)
関東人ゲスト
スピードワゴン小沢
菊地亜美
大阪人ゲスト
メッセンジャーあいはら
川田裕美
ミサイルマン西代
MENU

番組概要

大阪人なら当たり前のことなのに、大阪以外の人からすると「謎」な行動や現象を紹介していく、この番組。

第7弾も、大阪・東京在住の関東人に「大阪の不思議」や「驚いた事」などについてアンケートを行い、そこから出てきた大阪人の「謎」や「ミステリーな行動」を徹底的に調査する。すると、何とも素晴らしい大阪人ならではの理由が、またも明らかに!

みどころ

最初のテーマは「スーパーマーケット」。調べていくと、「ソースの種類、多過ぎじゃない?」というミステリーが発覚する。実際、小沢や菊地に聞いても、家にあるソースは1種類だけ。ところが、関西の家庭には、ウスターソース、とんかつソース、お好み焼きソースなど、複数あるのが全体の9割強を占める。そして、大阪は16銘柄93種類が作られている「地ソース天国」と判明。そこで、大阪人ゲストも知らない貴重な「いちじくソース」と「ムスメソース」がスタジオに登場する。味見をした大阪人は「美味い」を連発し盛り上がるが、小沢と菊地はドンドン引いていき…。 さらに、大阪人ゲストの「ウスターソースをかけたら美味しいもの」を試食。あいはら推薦の「ナポリタン」や、たむらイチオシの「喫茶店のピラフ」に、小沢も「美味しい」と絶賛するが、「豚まん」にウスターソースをかけ、それをおかずにご飯を食べていたと話す川田には、喜多アナをはじめ一同から「ないわ~」と厳しいツッコミが入るのだった。

続いてのミステリーは「どこのスーパーマーケットでも売られている せみ餃子って何?」。「せみ餃子」とは、スーパーのチルドコーナーで平積みされているほど、多くの大阪人が愛する人気餃子だ。1パック10個入りで、何と平均小売価格は88円。そこで、製造元の珉珉食品に味のこだわりをたずねてみれば「何もない!」。何もこだわらず、流行に流されないのがロングセラーの秘密という。さらに、安いのがウリの餃子が運搬のコスト等で高くなるのはありえないと、東京進出は「考えたこともない!」とキッパリ。果たして、「せみ餃子」誕生のキッカケは?はたまた、気になるネーミングの由来とは?!そして、試食をした小沢と菊地の感想やいかに?!

次なる大阪人のミステリーは、「東京での行動・言動」。コテコテの浪速先輩の東京出張を再現コントで紹介すると、「なぜか気合を入れて東京にやって来る」「『シュッとしてる』という意味不明な言葉を使う」「通りすがりに見つけた開店花を勝手に持って帰る」等々、関東人には理解不能のミステリーが次々と飛び出す。中でも居酒屋で「アテ」を頼む浪速先輩の言動から、大阪と関東では居酒屋メニューの呼び方に違うものがあることが判明し…。

さらに、「開店花を持って帰る大阪人」も大調査。「魚輝水産」(岸和田市)のオープン初日、店の前には9基の開店花が並んでいた。そこに一組の夫婦がやってくると…。開店花を持って帰る理由をたずねてみれば、またも大阪人の愛情深い一面が明らかになる!