ホーム > 公演情報 > 辻井伸行、加古?、レ・フレール THE PIANIST〜コンポーザーピアニスト・フェスティバル2013

公演情報

辻井伸行、加古?、レ・フレール
THE PIANIST〜コンポーザーピアニスト・フェスティバル2013

[ピアノ]辻井伸行
    加古?
[ピアノ・デュオ]レ・フレール

日時 2013年8月26日(月) 19:00 開演 18:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 9,000円 B 7,000円 C 5,000円 
一般発売日 2013年5月26日(日)
優先予約日 2013年5月22日(水)
プログラム 【辻井伸行】≪待望の自作ライヴが遂に実現!≫
「神様のカルテ」
「川のささやき」
「それでも、生きてゆく」ほか、感動の自作を生演奏!

【加古?】≪ピアノの美しさに心が揺れる!≫
「パリは燃えているか」
「黄昏のワルツ」
「ジブラルタルの風」ほか、代表作を披露!

【レ・フレール】≪世界が驚嘆するキャトルマン!「レ・フレール」という名のピアノ革命≫
「Boogie Back to YOKOSUKA」
「空へ」
「SAMURAI Funky」ほか、ベスト・オブ・ベスト LIVE!

※演奏曲目は変更になる場合がございます。
お問い合わせ先 ABCチケットセンター
06-6453-6000

奇跡のピアニスト辻井伸行が、日本を代表するアーティストたちと共に登場!!
辻井伸行、加古?、レ・フレール
The Pianist〜コンポーザーピアニスト・フェスティバル2013


今、日本で最もチケットが取れないピアニスト辻井伸行が、前代未聞のピアノ・フェスティバルに登場!! コンサートで生演奏を聴きたい超人気ピアニストが、同じザ・シンフォニーホールのステージに集います!! 
ヴァン・クライバーン国際コンクール優勝後の大ブームの中でも変わらず、一途に音に向かい清らかな音色で人々の心を打ち続ける奇跡のピアニスト辻井伸行が、クラシックと同じく心を込めて演奏しているのが、自らのオリジナル曲。作曲家としても人気・実力共に高く、映画「神様のカルテ」では、2011年「日本批評家大賞」を受賞!「川のささやき」「それでも、生きてゆく」など、辻井伸行という天使が生み出す、どこまでも優しいメロディが音楽の垣根を越えて深い感動を与えています。
そんな辻井伸行と登場するのが、パリ・コンセルヴァトワールで学び、NHK「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」などを生み出した日本を代表するコンポーザー・ピアニスト加古?。そして、斎藤守也・圭土兄弟の2人が1台のピアノをダイナミックに操るプレイスタイル「キャトルマンスタイル」で、海外でも人気沸騰のピアノ・デュオ“レ・フレール”。
数々の実績を誇る一流のアーティストが一堂に会し、お馴染みの自作を披露しあう奇跡のステージがここに実現します!!
鬼才、加古?も「鍵盤を叩いたあと絶妙のタイミングで力を抜いて弱い音を響かせ、身体全体で生み出す美しい音色が魅力」と語る稀代の天才ピアニスト辻井伸行。お互いがリスペクトし合い、新たな音楽を描き続ける3組のピアニストたちの三者三様のピアノ世界を存分にご堪能ください!

朝日放送のバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります