ホーム > 公演情報 > 及川浩治 ピアノ・リサイタル「名曲の花束」 〜時代を越えて甦る至福の名曲〜

公演情報

及川浩治 ピアノ・リサイタル「名曲の花束」
〜時代を越えて甦る至福の名曲〜

[ピアノ]及川浩治

日時 2017年10月28日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 全席指定 4,000円
一般発売日 2017年5月28日(日)
優先予約日 2017年5月26日(金)
プログラム J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ[ヘス編]
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565[ブゾーニ編]
シューマン:トロイメライ
リスト:ラ・カンパネラ[ブゾーニ編]
ベートーヴェン:エリーゼのために
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 「熱情」 op.57

ショパン:ノクターン 第16番 変ホ長調 op.55-2
ショパン:バラード 第1番 ト短調 op.23
リスト:愛の夢 第3番
リスト:死の舞踏 S.525
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

及川浩治 ピアノ・リサイタル「名曲の花束」
〜時代を越えて甦る至福の名曲〜

 昨年、「ロマンティック・ヴィルトゥオーゾ プログラム」でリサイタルに臨んだ及川浩治。作曲家の魂を情動ほとばしる演奏で表現し、21年目の新たなるスタートを切りました。そして今年3月には、「炎のタクト!」で小林研一郎さんと共演。ラフマニノフの難曲“ピアノ協奏曲 第2番”で満員の聴衆を前に高まる情熱をぶつけ合い、ロシア音楽の熱いうねりを見せつけました。
 そして今回、及川さんがテーマに掲げたのは「名曲の花束」。この言葉からイメージを受け、自ら選曲したプログラム。そんな及川さんからメッセージが届きました。
 「今年のプログラムは大バッハの誰でも耳にした事がある2つの名曲で始まります。2曲目の《トッカータ》はオルガン作品人気No.1のあの曲が編曲の達人ブゾーニの手によって見事に表現されています。前半最後のベートーヴェンの《熱情ソナタ》は皆さんを興奮の渦に巻き込みます。そして後半はショパンが創始した《バラード》、リストのピアノとオーケストラのために作曲された知る人ぞ知る名曲・難曲《死の舞踏》のリスト自身による編曲版、その他人気の小品の数々と、皆さんに楽しんでいただける曲をお届けします。」 ―及川浩治
 及川さんからの「名曲の花束」を受け取りに、どうぞ会場へお越し下さい!!

朝日放送のバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります