ホーム > 公演情報 > 千住真理子 スウィート・バレンタイン トーク&リサイタル

公演情報

千住真理子 スウィート・バレンタイン
トーク&リサイタル

[ヴァイオリン]千住真理子
[ピアノ]山洞 智

日時 2018年2月10日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 全席指定 4,000円 (消費税込)
一般発売日 2017年9月24日(日)
優先予約日 2017年9月22日(金)
 
プログラム <プログラム>
ヘンデル:涙の流れるままに
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より“恋とはどんなものかしら”
エルガー:愛のあいさつ
クライスラー:愛の喜び
クライスラー:愛の悲しみ
ショパン:別れの曲
チャイコフスキー:感傷的なワルツ
ロシア民謡:黒い瞳

メンデルスゾーン:歌の翼に
越谷達之助/渡辺俊幸:初恋 
滝廉太郎/千住 明:荒城の月
ドビュッシー:月の光
クライスラー:真夜中の鐘 〜ホイベルガー「オペラ舞踏会」より
ポンセ:エストレリータ 〜小さき星に〜
千住 明:ラストナイト
ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

ヴァイオリンの音色に想いを馳せて
千住真理子 スウィート・バレンタイン
トーク&リサイタル


 2月になると、千住真理子さんのバレンタインの季節が巡ってきます。全国各地を飛び回り、最前線を走り続ける千住さんが、毎年欠かさず開催している大切なコンサート。300年の眠りから目覚めた幻の名器ストラディヴァリウスの“デュランティ”を携えて、「愛」にまつわる世界中の小品をヴァラエティ豊かにお届けします。
 以前、小品の魅力を、「3分ぐらいの曲の中に深いドラマがあって、まるで30分を演奏するかのように表現して行くのが醍醐味。」と語った千住さん。今回、モーツァルトやクライスラーをはじめ、兄の千住明さんが亡き祖父に捧げた「ラストナイト」等、全16曲のプログラムにはどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?
 そして、もう一つの楽しみは、演奏の合間に千住さんがお話しされるエピソード。曲に込められた想いは、楽しくて、時に切なくて・・・。朗らかでまっすぐな千住さんの言葉が心にしみます。ピアノに、何度も共演を重ねた山洞智さんを迎え、息のあった演奏にご期待ください。

朝日放送のバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります