ホーム > 公演情報 > ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 辻井伸行(ピアノ) 三浦文彰(ヴァイオリン)

公演情報

ヴァシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
辻井伸行(ピアノ) 三浦文彰(ヴァイオリン)

[指揮]ヴァシリー・ペトレンコ
[ピアノ]辻井伸行
[ヴァイオリン]三浦文彰
[管弦楽]ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

日時 2018年5月12日(土) 14:00 開演 13:15 開場
会場 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
料金 A 21,000円 B 17,000円 C 14,000円 D 11,000円 E 9,000円
一般発売日 2017年12月10日(日)
優先予約日 2017年12月8日(金)
 
プログラム ウォルトン:ヨハネスバーグ祝典序曲
ヴォーン・ウィリアムズ:あげひばり[ヴァイオリン:三浦文彰]
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調[ピアノ:辻井伸行]
ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番《革命》
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

圧巻の演奏で世界を席巻するヴァシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル、
待望の再来日ツアー決定!

ヴァシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
辻井伸行(ピアノ) 三浦文彰(ヴァイオリン)


イギリス最古のオーケストラであるロイヤル・リヴァプール・フィルは、2006年にロシア出身の指揮者ヴァシリー・ペトレンコを首席指揮者に迎えて以来、ショスタコーヴィチの交響曲全集をはじめとする数多くのCDが世界中で高い評価を受け、今、イギリスでもっとも注目を集めるコンビとなっています。2015年の初来日ツアーでは、ストラヴィンスキーやショスタコーヴィチの難曲を、目の覚める圧倒的な演奏で披露し、耳の肥えた多くのオーケストラ・ファンから熱狂的な拍手喝采を受けました。そして2018年5月、多くの方々からの再来日希望の声を受け、待望の再来日が決定しました!

【兵庫公演】
超豪華!人気ソリスト2名が名門オーケストラと競演!
2016年の大河ドラマ「真田丸」でメインテーマのソリストに抜擢され、一躍日本中の話題をさらった三浦文彰が、イギリスを代表する作曲家ヴォーン・ウィリアムズによる名作「あげひばり」を演奏。また、世界中の一流オーケストラとの共演を続け、日本を代表するピアニストとして大活躍中の辻井伸行が、華麗で美しいグリーグのピアノ協奏曲を披露します。そして、メインプログラムはペトレンコとロイヤル・リヴァプール・フィルが世界的に高い評価を受けるきっかけになった十八番中の十八番、ショスタコーヴィチの交響曲第5番!革命の交響曲とも称されるショスタコーヴィチの代表作を、汗が飛び散らんばかりの渾身の熱演で堪能できます。

朝日放送のバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります