ホーム > 公演情報 > ウィーン少年合唱団

公演情報

ウィーン少年合唱団

[合唱]ウィーン少年合唱団
[指揮・ピアノ]ジミー・チャン

日時 2018年5月26日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 6,500円 B 5,000円 C 3,000円
一般発売日 2018年1月28日(日)
優先予約日 2018年1月26日(金)
 
プログラム 【プログラムB】ウィーン少年合唱団と世界の歴史・音楽
バッハ=グノー:アヴェ・マリア(グノー生誕200年記念)
バーンスタイン:「チチェスター詩編」より“Adonai ro-i − Lama rag’shu goyim”(バーンスタイン生誕100年記念)
ホーキンス:映画「天使にラブソングを2」より“オー・ハッピー・デイ”
岡野貞一:ふるさと
ホーナー:映画「タイタニック」より“マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン”
ヴェルディ:歌劇「マクベス」より“何をしていたの?教えて”
フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より“私は小さな眠りの精”、“夕べの祈り”
J.シュトラウスII:千夜一夜物語
ヨーゼフ・シュトラウス:水兵のポルカ
ウェルナー:野ばら
J.シュトラウスII:美しく青きドナウ
などを予定
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

心洗われる天使の歌声
ウィーン少年合唱団

 1498年に創立され、巨匠トスカニーニが彼らのコーラスを評して《天使の歌声》と命名したことでも知られるウィーン少年合唱団は、ウィーンの音楽大使として世界中の人たちに親しまれています。10歳から14歳のメンバーは全員アウガルテン宮殿で生活し、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナーとウィーン少年合唱団にゆかりある作曲家の名前がついた4つの組で活動しており、今回はハイドン組の来日となります。
 宗教曲からポップスまで幅広いレパートリーが魅力の彼らですが、毎回ウィーンの調べや日本の歌など定番と共に、テーマを設定して曲目に彩りを加えます。「世界の歴史・音楽」では古今東西のバラエティに富んだ名曲をちりばめ、「動物の世界」では歌詞が猫の鳴き声のみの「猫の二重唱」など動物にまつわる楽しい曲を集め、どちらも彼らの魅力がたっぷり詰まったプログラムとなりました。
 その清らかな歌声には本当に心が洗われます。両日とも是非聞いていただきたい「癒しの歌声」です。

朝日放送のバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります