ホーム > 公演情報 > 21世紀の新世界

公演情報

21世紀の新世界

[指揮]瀬山智博
[ピアノ]外山啓介
[管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団

日時 2019年1月12日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 5,500円 B 4,500円 C 3,000円
一般発売日 2018年7月22日(日)
優先予約日 2018年7月20日(金)
 
プログラム J.シュトラウスII:オペレッタ 「こうもり」序曲
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

新年の聴き初めはこれで決まり!
大阪が誇るマエストロ瀬山×ピアノ界のプリンス外山!華麗なる共演!!

21世紀の新世界

 指揮界の新しい風!注目を集める若手実力派・瀬山智博が、新春の人気コンサートに3度目の登場です。大阪出身、世界的指揮者の登竜門「ブザンソン国際指揮者コンクール」のファイナリスト。ドイツやスイスなどの歌劇場で次々とデビューを果たし、ヨーロッパを中心に活躍を広げています。過去2回の登場で、トレードマークのヘアースタイルに愛着を抱く方も多いのでは!?いきいきと情感溢れるタクトは、私達に新年の喜びをもたらしてくれました。
 まだ飛行機のない時代、祖国チェコからアメリカに渡ったドヴォルザークが、初めて耳にした黒人霊歌や体験、そして望郷の念が込められた「新世界交響曲」。何度聴いても気持ち新たになるメロディアスな傑作です。ドヴォルザークが吹き込んだ神秘のエッセンスに、瀬山×関西フィルがどのような化学反応を起こすでしょうか。
 共演は日本を代表するピアニスト外山啓介。こちらの共演も話題となり、瀬山×外山で3度目のタッグです。今回は外山啓介の原点とも言えるショパンで「ピアノ協奏曲 第1番」をお届けします。
 幕開けは、本場の歌劇場でオペラやオペレッタを積極的に演奏されているマエストロならではの「こうもり序曲」でニューイヤーらしく!毎年恒例で、毎年新しい『21世紀の新世界』。あなたの2019年を、鮮やかに彩るこのコンサートでスタートしませんか!

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります