ホーム > 公演情報 > 外山啓介 ピアノ・リサイタル 〜バッハ、ベートーヴェン、そしてショパン〜

公演情報

外山啓介 ピアノ・リサイタル
〜バッハ、ベートーヴェン、そしてショパン〜

[ピアノ]外山啓介

日時 2019年9月8日(日) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 全席指定 3,500円
一般発売日 2019年3月24日(日)
優先予約日 2019年3月22日(金)
 
チケット販売 ABCぴあ
プログラム J.S.バッハ(ヘス編):主よ、人の望みの喜びよ
J.S.バッハ(ブゾーニ編):われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ
J.S.バッハ(ブゾーニ編):来たれ、異教徒の救い主よ
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調
        「ワルトシュタイン」 op.53

ショパン:プレリュード 第25番 嬰ハ短調 op.45
ショパン:12のエチュード op.10
 第1番ハ長調 第2番イ短調 第3番ホ長調「別れの曲」 第4番嬰ハ短調
 第5番変ト長調「黒鍵」 第6番変ホ短調 第7番ハ長調 第8番ヘ長調
 第9番ヘ短調 第10番変イ長調 第11番変ホ長調 第12番ハ短調「革命」
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

今、向き合うベートーヴェンの傑作ソナタとショパンのエチュード
外山啓介 ピアノ・リサイタル
〜バッハ、ベートーヴェン、そしてショパン〜

 実力派ピアニストとして一歩一歩着実に歩み続ける外山啓介。この秋に取り上げるのは、バッハ、ベートーヴェン、そしてショパン!!
 彼が今回の幕開けに選んだのは、「主よ、人の望みの喜びよ」を含むバッハの清潔で美しく慈愛に満ちた作品。演奏会の最初にコンサート会場を純粋な“音”で包み込みます。続いて、外山啓介の重要なレパートリーであるベートーヴェン。「熱情」をはじめ次々と傑作を生み出した時期に作曲された、ピアノ・ソナタ「ワルトシュタイン」をお贈りします。曇りのないハ長調で奏でられるこの作品は、ベートーヴェンの「歓喜」や「希望」を感じさせる、スケールの大きなピアノ・ソナタです。
 そして後半は、ショパン!CDデビューをショパンで飾った外山さんは、これまでにもショパンの二つのエチュード集からの抜粋を幾度も披露してきました。それから10年以上を経て、今、満を持して「12のエチュードop.10」全曲演奏に挑みます。「別れの曲」「黒鍵」「革命」といった有名曲を含む“華麗なピアノ名曲集”としても楽しめるこの曲は、ショパン音楽の真髄でもあり、全曲を通して演奏することで、今までとはまた違う“外山啓介のショパン”に出会えることでしょう。
 外山啓介の指先から生まれる、バッハの「祈り」とベートーヴェンの「希望」、そして若きショパンの「心の声」。ピアノを“弾く”楽しみと“聴く”楽しみに満ち溢れた空間へ、是非お越し下さい。

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります