ホーム > 公演情報 > 21世紀の新世界

公演情報

21世紀の新世界

[指揮]瀬山智博
[ピアノ]外山啓介
[管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団

日時 2020年1月11日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 5,500円 B 4,500円 C 3,000円 (消費税込)
一般発売日 2019年7月28日(日)
優先予約日 2019年7月26日(金)
 
チケット販売 ABCぴあ
プログラム ベートーヴェン:バレエ音楽 「プロメテウスの創造物」序曲 op.43
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」 op.73

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

令和初の新年を飾るベートーヴェン・イヤーの幕開け!
そして新世界交響曲!!
21世紀の新世界

 新年の風物詩となっている「21世紀の新世界」。今回も大阪出身の気鋭のマエストロ=瀬山智博が登壇し、関西フィルハーモニー管弦楽団と共に令和初の新年を彩ります!
 2020年は、ベートーヴェン生誕250年のアニバーサリー・イヤー。この記念すべき年を盛り上げるべく、まずはベートーヴェンの数少ないバレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲で活気に満ち溢れる幕開けをお届けします。続いてソリストに登場するのは、このシリーズではすっかりお馴染みのピアニスト外山啓介。今回で4度目を迎えるこの瀬山×外山コンビで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲の中でも華やかさと雄大さを誇る、第5番「皇帝」をお贈りします。若い2人の共鳴と調和から生み出される躍動と興奮にご期待下さい!
 後半は、ドヴォルザークの交響曲 第9番「新世界より」。ドヴォルザークの新世界アメリカでの体験やそこに根付く音楽的精神と、故郷ボヘミアへの望郷の想いとが融合したこの傑作交響曲。現在、音楽の都ウィーンで研鑽を積んでいる瀬山さんと、関西フィルとの年々強固になるタッグで、さらに息の合った「新世界より」を響かせてくれることでしょう。新時代を担う瀬山さんの「新世界より」で、新年を初めて迎える令和の景色を見てみませんか。

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります