ホーム > 公演情報 > ヴィキングル・オラフソン ピアノ・リサイタル ラモー×ドビュッシー×展覧会の絵

公演情報

ヴィキングル・オラフソン ピアノ・リサイタル
ラモー×ドビュッシー×展覧会の絵

[ピアノ]ヴィキングル・オラフソン

日時 2019年12月7日(土) 13:30 開演 13:00 開場
※開演時間にご注意下さい。
会場 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
料金 全席指定 5,500円
一般発売日 2019年9月22日(日)
優先予約日 2019年9月20日(金)
 
プログラム <予定プログラム>
ラモー:
クラヴサン曲集 組曲 ホ短調 より
 鳥のさえずり、リゴードンI・II、ロンドー形式のミュゼット、
 タンブラン、村娘、ロンドー形式のジグ、ロンドー形式の第2のジグ

クラヴサン曲集 組曲 ニ長調 より
 優しい訴え、つむじ風、ミューズたちの語らい、喜び、1つ目の巨人

ドビュッシー:
スティリー風タランテッラ
子供の領分 より 第4曲 雪は踊っている
前奏曲集 第2巻 より 第8曲 オンディーヌ
ピアノのために
前奏曲集 第2巻 より 第5曲 ヒースの茂る荒れ地

ムソルグスキー:
組曲「展覧会の絵」

※ラモーとドビュッシーの演奏順はアーティストの意向により変更になる場合がございます。
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

世界の著名クラシック専門誌、有力紙で大絶賛!
世界が注目するアイスランド生まれの新鋭ピアニスト!
ヴィキングル・オラフソン ピアノ・リサイタル
ラモー×ドビュッシー×展覧会の絵

 アイスランド生まれの新鋭ピアニスト、ヴィキングル・オラフソン大阪初のリサイタル!ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、ニュ−ヨーク・タイムズ紙に“アイスランドのグレン・グールド”と賞賛され、英グラモフォン誌に絶賛される等、情熱的な音楽性、爆発的な技巧、知的好奇心のすべてを兼ね備えたピアニスト。2018年アシュケナージとの共演で日本デビューを飾り、話題に。今回「ラモー×ドビュッシー×展覧会の絵」と彼の魅力が余す所なく感じられるプログラムで遂にそのヴェールを脱ぎます!

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります