ホーム > 公演情報 > オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

公演情報

オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

[指揮]三ツ橋敬子
※指揮者がユベール・スダーンから三ツ橋敬子に変更となりました
[ピアノ]北村朋幹
[管弦楽]オーケストラ・アンサンブル金沢

日時 2020年9月22日(火) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 6,000円 B 4,500円 C 3,000円

※左右1席ずつ間隔を空けて座席を販売いたします。
一般発売日 2020年8月30日(日)
優先予約日 2020年8月28日(金)
 
プログラム <予定プログラム>
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」 op.73

モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 K.543
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

9/22(火・祝)「オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演」
指揮者変更のお知らせ

                         

 9月22日(火・祝)《8/30(日)一般発売》にザ・シンフォニーホールにて開催を予定しております「オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演」において、当初出演を予定しておりました指揮者ユベール・スダーンは、新型コロナウイルス感染症の影響により入国の見通しが立たないことから、出演が不可能となりました。代わりまして、本公演の指揮に三ツ橋敬子が出演いたします。曲目およびソリストの変更はございません。
 お客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。    
(2020.8.6)

■三ツ橋敬子(Keiko Mitsuhashi) プロフィール■

東京都生まれ。東京藝術大学及び同大学院を修了。ウィーン国立音楽大学とキジアーナ音楽院に留学。小澤征爾、小林研一郎、G.ジェルメッティ、E.アッツェル、H=M.シュナイト、湯浅勇治、松尾葉子、高階正光の各氏に師事。
第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて日本人として初めて優勝。第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールにて女性初の受賞者として準優勝。併せて聴衆賞も獲得。
第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。2016年から神奈川県立音楽堂にて「三ツ橋敬子の夏休みオーケストラ」がスタート。神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共に子供たちへ多彩な音楽体験を届ける企画内容が好評を得ている。



【本件に関するお問い合せ】
ABCチケットインフォメーション 06−6453−6000
(営業時間:平日10:00〜17:30)※営業時間変更の場合有    



************************************************


古都金沢から世界に向けて発信し続けるOEKが
ピアニスト北村朋幹と奏でる「皇帝」

オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

 今回はソリストに14歳で第3回東京音楽コンクール・ピアノ部門第1位を受賞した北村朋幹が登場。コンクール受賞から15年、現在ベルリンで暮らす彼が、ベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤーにどのような”皇帝”を紡ぐのか注目です!
 後半に登場する交響曲第39番は、モーツァルト晩年の傑作と言われる「後期三大交響曲」の一つ。わずか2カ月弱の間に3曲が作られたことからモーツァルトの創作意欲が最高潮に高まっている状態で作曲され、第39番は他の2曲と比べて明るく力強い曲調と言われる名曲です。
 今年も”北陸の雄”オーケストラ・アンサンブル金沢の勇壮な旋律が大阪を吹き抜けます!

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります