ホーム > 公演情報 > 21世紀の新世界

公演情報

21世紀の新世界

[指揮]瀬山智博
[ソプラノ]端山梨奈(☆)
[テノール]谷浩一郎(★)
[管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団

日時 2022年1月8日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 5,500円 B 4,500円 C 3,000円
一般発売日 2021年9月26日(日)
優先予約日 2021年9月24日(金)
 
チケット販売 ABCぴあ
プログラム J.シュトラウスII:オペレッタ 「こうもり」序曲
J.シュトラウスII:オペレッタ 「こうもり」より
         “侯爵様、あなたのようなお方は”☆
レハール:オペレッタ 「微笑みの国」より“君こそ我が心のすべて”★
J.シュトラウスII:ワルツ 「春の声」 op.410 ☆
レハール:オペレッタ 「ジュディッタ」より
     “友よ、人生は生きる価値がある”★
レハール:オペレッタ 「メリー・ウィドウ」より“唇は語らずとも”☆★
ジーツィンスキー:ウィーン、わが夢の街 ☆★

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95
お問い合わせ先 ABCチケットインフォメーション
06-6453-6000

《チケットご購入のお客様へのお願い》
【新型コロナウイルス感染症予防対策にご協力をお願いします。】

●ご来場前に体調不良(発熱や倦怠感など)のある方は、入館をご遠慮ください。●マスク着用されない方はご入場いただけません。(マウスシールド不可)咳エチケット、手洗い、手指の消毒をお願いします。●37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。●入場者数を制限して販売する場合があります。●今後の感染状況次第では、公演の中止や、出演者、公演内容、座席配置等に変更が生じる可能性もございます。●万が一、公演後に感染症を発症された方がいらっしゃった場合は、保健所等の公的機関に求められた場合に限り、チケット購入者の名簿を提出いたします。●厚生労働省の指針により、ワクチンを接種されたお客様におかれましても、引き続き感染予防対策へのご協力をお願いいたします。

※ご来場前に公演会場となるホールの感染予防対策もご確認ください。
ザ・シンフォニーホール
[新型コロナウイルス感染拡大防止/ご来場のお客様へホールからのお願い]
https://www.symphonyhall.jp/?p=21368

新しい年、ウィーンの薫りと新世界からの鼓動!!
21世紀の新世界

 真っさらな新年の空気の中、2022年の“初感動”に相応しいコンサートです。
 思わず心が浮き立つウィーンの名曲と、新年の美しい朝靄の彼方から響いてくるような“新世界交響曲”。慣れ親しんでいるはずの旋律ですが、新春の街中を抜けてお越しいただくザ・シンフォニーホールの空間では、きっと皆さまの心にフレッシュな感情を目覚めさせることでしょう。
 大阪出身のマエストロ、瀬山智博さんと関西フィルハーモニー管弦楽団はこのシリーズで6回目の共演となり、益々強固な音楽タッグが生まれつつあります。ウィーン在住、オーストリア・ドイツを中心に活動を広げる瀬山さんとのプログラム前半は、そのタクトが本領を発揮するウィーンのリズム!オペラ出演の経験が豊富なソプラノの端山梨奈氏と、ドイツで学んだテノールの谷浩一郎氏の煌めく声と共にお楽しみいただきます。
 そして後半の不朽の名曲は、ドヴォルザークが新大陸アメリカから故郷を想って書いた曲ですが、彼が初めて触れたアメリカの精神も織り込まれています。作曲家がこの時新鮮に感じた未知の存在との出会いを、年の初めのこの機会に再確認したいものですね。1月8日、心躍るウィーンの調べとオーケストラ・サウンドで晴れやかな新春を!

朝日放送テレビのバナー
ABCラジオのバナー
ABCイベントのバナー
このページの一番上に戻ります