MENU

2021年3月6日(土) 放送

正門&小島の“スタンダップ”が
いよいよ新ネタを披露!!

いよいよAぇ! groupと上田一軒によるコラボが最終回を迎える。今回クローズアップされるのは、物語の最後に見せる康助と恭平による“スタンダップ”の漫才シーン。生真面目な康助と荒くれ者の恭平、真逆のタイプの2人が新たな漫才スタイルを確立させて、舞台はクライマックスへ。ボケ担当は、正門が演じる康助、ツッコミ担当は小島が演じる恭平だが、稽古場で2人の漫才を見た上田は、あるくだりでの正門のボケ方が気になる。みずから動いて演技指導にも熱が入る上田だが、慣れないボケ役に正門はかなり苦戦。そんな様子を見ていたリチャードが、正門にある的確なアドバイスをする。

第3回公演 『スタンダップ!』
病室のベッドで布団をかぶって寝ているのは、マイケル(草間)だと思っているマネージャーの吉野(末澤)。そこへ元気な様子のマイケルと相方のフォックス(佐野)がやってきて、吉野は一瞬、混乱する。が、ベッドの中にいるのは恭平(小島)だとわかって一安心。ところが今度は、恭平が余命半年だと思い込んでいる康助(正門)が戻ってきて、また話がややこしくなる。たまらずかぶっていた布団から顔を出した恭平は、康助と言い合いに。激しく口論する2人だが、それは勢いのある漫才のようで…。