MENU

2021年5月22日(土) 放送

難解キャラに体当たりする正門に
稽古時間の問題発生!?

アカペラの練習と並行して、福田の演出による芝居の稽古も着々と進むAぇ! groupのメンバー。これまでにもメンバー6人で、複数の役を演じ分ける経験を重ねてきたが、今回はケタ違い!なんと31もの役を6人で割り振り、演じなくてはならないのだ。主人公を演じる小島は、“義理堅人情”だけだが、リチャードに至っては“自販機”の役まである。そんな中、「異物な、怪物というか、妖怪みたいな人」と福田が表現する独特のキャラクター“ヒョウ柄の謎の人物”に抜擢されたのが正門。物語のキーパーソン的な役だけに、福田の指導にも熱が入る。ところが、正門が本番3日前まで稽古に参加できないことが判明し、一瞬福田が言葉を失ってしまう。

第5回公演『おしりと御飯』
3年の刑期を経て、出所した義理堅人情(小島)を待っていたのは、人情を慕っていたテンション高過ぎな舎弟のミツル(佐野)だった。「兄貴ィ〜!」、「ヘイ、ブラザー!」とうれしそうに迎えてくれたミツルだが、人情はつれない素振りで突き放す。これからは、ヤクザな世界から足を洗って、堅気になろうと決心していたのだ。ミツルを振り切ったあと、組事務所できっちり筋を通した人情は、3年ぶりの酒を自販機で買って飲み、公園で野宿しようとする。その公園で出会ったホームレスの中に、異彩を放つひとりの人物(正門)がいた。