MENU

2021年6月5日(土) 放送

ついにクライマックス!
人情の前に現れる、ヒョウ柄の人物の正体が明らかに!!

いよいよ福田転球が演出する歌喜劇『おしりと御飯』もクライマックスへ突入。刑務所生活に始まり、出所後はヤクザの組事務所、公園で過ごす路上生活者の人たち、老人ホームの高齢者と新人ヘルパーなど、小島が演じる義理堅人情は、ほんの1~2日の間でいろんな環境の人たちと出会ってきた。ラストは、居酒屋が舞台。終演後、福田がAぇ! groupへ労いの言葉をかける様子もお届する。

第5回公演『おしりと御飯』
新人ヘルパー(福本)をかばって、ベテランヘルパー(末澤)から殴る蹴るの暴行を受け、ボコボコにされた人情。新人ヘルパーのはからいで、老人ホームで保護してもらった人情は、1人の老人(佐野)の口利きで、居酒屋へバイトの面接へ行くことになる。店を訪ねるとそこにはテンション高めに歌いながら踊るバイトたちがいた。戸惑う人情に、バイトリーダー(リチャード)は、面接の前にいきなり接客するように指示を出す。注文を取ることも、料理を運ぶこともおぼつかない人情。するとまたしても、あのヒョウ柄の謎の人物(正門)が現れ、ついにその正体が判明する。