関西ニュース

【兵庫】踏切渡りきれず?電車と接触 車椅子女性死亡

1/13 01:29

兵庫県を走るJR山陽線の踏切で、車椅子の高齢女性が電車と接触して死亡しました。踏切を渡り切れなかったとみられます。

午後3時半ごろ、兵庫県高砂市のJR山陽本線・東川踏切内で、車椅子の高齢女性が普通電車とぶつかり、死亡しました。JR西日本によりますと、電車の運転士は踏切の300メートル手前で立ち往生している車椅子の女性に気づき、非常ブレーキをかけましたが間に合わなかったということです。電車の乗客にけがはありません。踏切には遮断機・警報機ともに設置され、長さはおよそ10メートルあり、女性は車椅子で渡り切れなかったとみられます。JR山陽線は事故直後から1時間半あまり、加古川駅と姫路駅の間で運転を見合わせ、午後5時10分過ぎに運転を再開しました。