関西ニュース

【大阪】博覧会国際事務局幹部 会場予定地の夢洲視察

12/7 19:38

大阪が誘致を目指す2025年の万博。誘致のキーマンとなるBIE=博覧会国際事務局の幹部が会場予定地の夢洲を視察し、「万博に最適な場所」と語りました。

4ヵ国が立候補している2025年の万博。各国視察のため、来日中のBIEのケルケンツェス事務局次長は7日、大阪万博の会場予定地の夢洲を視察しました。日本側は、会場予定地が大阪市の中心部から近いこともアピールしました。事務局次長は、「とても美しい場所という印象です。万博を開催するにはパーフェクトだ」と話しました。BIEは年明けにも、立候補する4ヵ国に調査団を派遣する予定で、開催国は来年11月、加盟170ヵ国の投票で決まります。

前のニュース