関西ニュース

【大阪】国税庁長官への告発受理 国有地売却問題めぐり

11/11 12:32

「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、財務省の幹部だった佐川宣寿国税庁長官らに対する告発が受理され、捜査が行われることがわかりました。

「森友学園」に大阪府豊中市の国有地が大幅に値引きされて売却された問題では、財務省の理財局長だった佐川長官が、「価格について国からの提示はなかった」などと国会で述べていました。これに対し、東京の市民団体が、「うその国会答弁を続け、データを隠した証拠隠滅行為にあたる」として、先月、東京地検に告発していました。市民団体によりますと、「事件を受理し大阪地検に移送する」との連絡を受けたということで今後、これまでに受理された告発とあわせ、大阪地検で捜査が行われることになります。

前のニュース