関西ニュース

【兵庫】三木市教委で部長がセクハラ 市は処分公表せず

2/13 20:06

兵庫県三木市の教育委員会の男性部長が、女性職員にセクハラ行為をしたとして懲戒処分を受けていたことがわかりました。

三木市教育委員会によりますと、こども未来部の椎木栄作・前部長(56)は、去年の暮れ、同僚の女性職員の体を触るなど、セクハラ行為をしたということです。女性が市の相談窓口に被害を申告したため発覚しました。椎木前部長は内部の調査に対し、セクハラ行為をほぼ認めていて、先月「一身上の都合」を理由に退職願を出していました。市教委は、今月9日付けで戒告処分とした上で、退職願を受理しました。市教委は、「被害女性からの強い要望があった」として、これまで処分を公表していませんでした。

前のニュース