関西ニュース

【徳島】小松島市でハモの出荷最盛期

7/17 20:27

祇園祭や天神祭には欠かせない夏の味覚・ハモの出荷が徳島県小松島市で最盛期を迎えています。

細長く大きな口と鋭い歯が特徴のハモ。徳島県沿岸は、栄養分を多く含んだ泥がハモの生育に適していて、全国有数の水揚げ量を誇ります。漁港では、未明に水揚げされたハモを大きさによって選別。生きたまま車の水槽に乗せ、新鮮な状態で出荷します。この時期、脂がのり始めて美味しくなるハモですが、今年は、クラゲの大量発生の影響で例年の半分ほど、1日およそ400キロの水揚げ量にとどまるということです。出荷は京阪神を中心に9月末まで続きます。

前のニュース