関西ニュース

【滋賀】大津いじめ自殺から7年 市長ら黙祷

10/11 13:15

大津市で、いじめを受けた中学2年の男子生徒が自殺してから11日で7年となり、市長らが黙とうしました。

7年前、大津市で、いじめを受けた中学2年の男子生徒が自宅のマンションから飛び降りました。命日にあたる11日、越直美市長や教育委員会の関係者ら約50人が黙とうを捧げました。生徒の死をきっかけに「いじめ防止対策推進法」が成立し、施行から5年が経ちましたが、いじめが原因とされる自殺は後を絶ちません。男子生徒の死をめぐっては、遺族が元同級生らに損害賠償を求める裁判を起こしていて、来月6日に判決が言い渡されます。

前のニュース