関西ニュース

【大阪】漫画タダ読み リーチサイト運営者ら初公判

1/9 19:50

人気漫画を無料で読める違法なサイトに利用者を誘導した罪などに問われている男らの裁判が始まり、5人のうち3人が起訴内容を認めました。

堺市の無職・和宇慶真被告(22)ら5人は、違法にアップロードされた漫画や書籍が読めるサイトへのリンク先を集めたリーチサイト「はるか夢の址」を運営したなどとして著作権法違反の罪に問われています。9日に始まった裁判で、和宇慶被告と書籍のデータを投稿していた2人は「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察は、「被告らはサイトの利用者を増やすためにスキャンした本のデータを無断でアップロードする『自炊師』を優遇し、違法な投稿を促した」などと指摘しました。一方、サイトのインフラを整えていたとされる大阪府豊中市の成合太彰被告(23)は、「違法に投稿されたデータを放置したことは認めるが、自分は投稿もダウンロードもしていない」などと起訴内容を一部否認しました。

前のニュース