関西ニュース

【滋賀】いじめ自殺から7年 遺族「大人が救い出して」

10/11 19:22

大津市の中学2年の男子の自殺から7年。遺族が、いじめによる自殺が後を絶たない現状に「大人が救い出して」と訴えました。

7年前、大津市で、いじめを受けた中学2年の男子生徒が、自宅のマンションから飛び降りました。命日にあたる11日、生徒の父親が会見を開き、事件をきっかけに「いじめ防止対策推進法」が作られたにもかかわらず、いじめが原因とされる自殺が後を絶たない現状への危機感を訴えました。生徒の父親は「学校現場で意識が薄れていくこと、それは息子も一番危惧している」「いじめというのは、なかなか言い出しにくいもの。大人が発見して救い出してほしい。そういう社会になるよう、もっと頑張れと息子に言われている気はしています」と話しました。

前のニュース