関西ニュース

【滋賀】警官射殺 2人きりの交番勤務が2回連続

4/16 19:05

滋賀県彦根市の警察官射殺事件で、19歳の巡査と上司は、2人きりの24時間の交番勤務を2回連続でしていたことがわかりました。

19歳の巡査は11日夜、彦根市の交番で、上司の井本光(あきら)巡査部長(41)を背後から拳銃で撃って殺害した疑いが持たれています。2人が一緒に勤務するのは事件のあった日が5回目でした。本来は3人体制で24時間勤務ですが、1人が病気で休んでいたため、今月8日と事件の日は2回続けて巡査と巡査部長が2人きりで24時間勤務に入っていたということです。巡査は当初「上司に叱責されてやった」と話していたということで、警察は、2人きりでの24時間勤務の中で、何らかのトラブルがあったとみて調べています。

前のニュース