関西ニュース

【大阪】台風24号で近大マグロ4000匹近く死ぬ

10/11 19:30

先月末の台風24号の影響で「近大マグロ」が4000匹近く死に、被害が2億円にのぼることがわかりました。

近畿大学は、鹿児島県瀬戸内町のいけすで養殖している「近大マグロ」7000匹のうち、約3700匹が死んだと発表しました。先月末の台風24号の影響で泥水が流れ込んで水が濁ったため、マグロが、いけすの網に衝突したことが原因だとみられています。被害総額は約2億円で、他にもマグロのえさを入れていた倉庫が高潮で流される被害を受けました。「近大マグロ」は、台風21号の時も和歌山県の養殖場で被害を受け、約600匹のクロマグロが死亡したり、いけすの外へ逃げたりしていました。

前のニュース