関西ニュース

【大阪】詐欺罪公判中の池田市議 解職請求断念

12/7 12:45

運営していた整骨院をめぐる詐欺事件で起訴されている池田市議に対し、市民団体が解職を求め署名活動をしていましたが、断念したと発表しました。

大阪府池田市の市議会議員・羽田達也被告(38)は、経営していた整骨院で療養費をだまし取ったなどとして詐欺の罪で起訴され、現在も裁判が続いています。池田市議会では、2度、羽田被告に対する辞職勧告決議案が可決されていますが強制力はなく、羽田被告は議員を続けています。市民団体は、羽田被告の解職を請求するリコールを求め、署名活動を進めていましたが、期限の12月1日までに必要な数に、およそ7000人分足りず、断念すると発表しました。ただ、「2万人以上の民意は無視すべきではない」と、しかるべき対応をとるよう市議会議長に申し入れています。羽田市議には、逮捕以降も議員報酬など800万円以上が支払われています。

前のニュース