関西ニュース

【奈良】出血の母親死亡 息子が筆談で「殺した」

1/12 19:34

奈良県橿原市の住宅で、女性が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。女性の息子が警察に筆談で「殺した」と伝えています。

警察によりますと、きょう昼過ぎ、奈良県橿原市の交番に20代の男が訪ねてきて、警察官に筆談で「人を殺してきた」と伝えました。警察が男の自宅に駆けつけると、この部屋を訪れていた母親の池本恵さん(54)が胸から血を流した状態で倒れていて、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。部屋には男が使ったとみられる果物ナイフも落ちていました。男は腕にけがをしていて自殺を図ったとみられます。現在は病院に搬送されていて、警察は、男の回復を待って事情を聴く方針です。

前のニュース