関西ニュース

【最長】過去最長の裁判員裁判 男に無期懲役

11/8 19:51

約7ヵ月、207日間にわたって続いた過去最長の裁判員裁判が終わりました。

中村春根(なかむら・はるね)被告(47)は、2010年〜2011年にかけ、他の男らとともに、兵庫県姫路市などで男性2人を殺害し、別の男性1人を監禁して死亡させた罪に問われていました。被害者3人のうち2人の遺体が見つからず、直接的な証拠が少なかったため、審理は、裁判員裁判としては過去最長の207日間にわたりました。神戸地裁姫路支部は8日「人間の尊厳を省みない犯行」だとして無期懲役の判決を言い渡しました。男性1人に対する殺人については無罪としました。弁護側は、すみやかに控訴したいとしています。今回の裁判では、裁判員6人のうち3人が途中で交替しています。

前のニュース