関西ニュース

【大阪】万博誘致プレゼン 吉村市長ら渡仏

11/14 12:42

2025年万博の大阪誘致に向け、万博国際事務局の会議に出席するため、大阪市の吉村市長らは14日、フランスへと出発しました。

2025年の万博をめぐっては、日本が大阪での開催を目指していて、フランス、ロシア、アゼルバイジャンも立候補を表明しています。日本時間の16日夜、フランス・パリの万博国際事務局では4ヵ国が、それぞれ誘致のためのプレゼンテーションをします。6月に開かれた前回は、大阪府の松井知事が英語でアピールし、今回は吉村市長が臨むということです。出発前、松井知事は、「(大阪が)大きな可能性を持っているところを加盟国代表の皆さんに理解してもらいたい」と話しました。吉村市長は、「大阪の良さを、万博が適地だということを、しっかり世界のみなさんにPRしたい」と話しました。開催国は来年11月、国際事務局に加盟する170ヵ国の投票で決まります。

前のニュース