関西ニュース

【京都】特養の入所者死亡 2人きりを狙ったか

10/11 19:16

特別養護老人ホームで入所者が死亡した事件で、逮捕された職員の女が、2人きりの時間を狙って暴行した疑いがあることがわかりました。

傷害致死の疑いで送検された介護職員の安村南海容疑者(22)は、今年7月、向日市の特別養護老人ホーム「サンフラワーガーデン」で、入所者の神戸重子さん(当時91)に暴行を加え、両太ももの骨などを折る大けがをさせて死亡させた疑いが持たれています。安村容疑者は「納得できません」と容疑を否認しています。警察によりますと、事件が発生した午前11時半から約1時間は入浴の時間でしたが、この間は、ほぼ2人きりだったということです。警察は、安村容疑者が2人きりの時間を狙って犯行に及んだとみて調べています。

前のニュース