関西ニュース

【大阪】1審一部無罪の女 控訴審始まる

11/14 12:42

大阪府豊中市で、登校中の小学生の列に車で突っ込み危険運転致傷などの罪に問われ、その後、無罪になった女の控訴審が始まり、検察は、「少なくとも過失運転致傷罪は成立する」と主張しました。

会社員の中村恵美被告(52)は、おととし5月、大阪府豊中市で、登校中の小学生の列に車で突っ込み、6人に重軽傷を負わせた罪に問われ、1審の大阪地裁は、中村被告が、「服用していた睡眠導入剤により、運転に支障が出る恐れを認識していなかった」として、危険運転致傷罪などについては無罪。傷害罪は認め罰金30万円を言い渡し、検察が控訴していました。14日の控訴審で検察は、「中村被告は当時、眠気を催していて、直ちに運転を中止すべきだったのに続けた」と、少なくとも過失運転致傷罪は成立すると主張。弁護側は、「中村被告が当時、眠気を感じていたとしても故意で事故を起こしたとはいえない」と主張し、裁判は即日結審しました。判決は来月14日に言い渡されます。

前のニュース