関西ニュース

【続報】ペーパーカンパニー通じて売上支払い

12/5 12:38

売春の売上金を受け取ったとして「スーパー玉出」の創業者が逮捕された事件で、売上金は、ペーパーカンパニーを通じて支払われていたことがわかりました。

「スーパー玉出」の創業者・前田託次(まえだ・たくじ)容疑者(74)は、大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」にある飲食店を暴力団側に貸し、売春の売上金と知りながら賃料135万円を受け取った疑いで、5日朝、送検されました。その後の取材で、前田容疑者は自身の会社のグループ会社として設立されたペーパーカンパニーを通じて、金を受け取っていたことがわかりました。警察は、前田容疑者が暴力団との交際を隠そうとしていたとみて調べています。前田容疑者は7月「スーパー玉出」の営業権を売却していて、現在は経営に関わっていません。

前のニュース