関西ニュースKANSAI

偽ブランド品56万点を摘発 9割が中国から

03/08 19:12

去年、大阪税関が輸入を差し止めたコピー商品は56万点を超え、過去最多になりました。

大阪税関によりますと、ブランドやデザインをまねて、知的財産権を侵害したコピー商品の輸入差し止めは去年、過去最多となる約56万2000点にのぼりました。おととしの3倍以上になり、その9割が中国から来たものでした。医薬品や美容器具などが大幅に増えていて、安全基準を満たしているか確認が取れないため、健康に被害を及ぼす恐れもあるということです。バッグや衣類などの偽ブランド品も多く、大阪税関は価格の安さにつられ、コピー商品を購入しないよう注意を呼びかけています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる