関西ニュースKANSAI

セブン-イレブンが店の駐車場に「仮店舗」建設開始 明け渡しめぐり元オーナーと対立の末 東大阪

04/01 13:25

東大阪市の元オーナーと店の明け渡しをめぐり争っているセブン-イレブン本部が、店の駐車場部分に「仮店舗」をつくる工事を始めました。

「セブン-イレブン東大阪南上小阪店」のオーナーだった松本実敏さん(59)は2019年2月に時短営業を開始しました。その年の年末、本部は客からの苦情などを理由に契約を解除し、その後、店舗の明け渡しを求め裁判を起こしました。1日朝、本部側は主に「地域貢献」などを理由に、地主と協議のうえ店の駐車場部分の土地を分けて登記し、仮店舗の建設を始めました。4月末ごろの開店をめざすといいます。松本さんは本部との契約はいまも有効だと主張していて、「違法な実力行使だ」と反発しています。(松本元オーナー)「無条件で引き渡せなんて話し合いあります?」「強行的な不当な実力行使はやめてください」。本部側は、裁判の判決が出て確定するまで、仮店舗の営業を続けるとしています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる