関西ニュースKANSAI

京都府 「まん延防止措置」要請を決定 直近2週間で4倍に感染急増 市内飲食店は夜8時までの営業へ

04/09 13:33

 京都府は新型コロナウイルスの感染が再拡大していることから、「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請しました。

 京都府では、直近2週間で感染者の数が約4倍に急増しています。

 9日午前10時から対策本部会議を開き、大阪や兵庫の感染急拡大が影響を与えているとして国に対し「まん延防止等重点措置」を適用するよう要請しました。

 府では現在南部の16市町村で、飲食店に午後9時までの時短を求めていますが、適用された場合、京都市の飲食店に対し12日から来月5日まで1時間繰り上げた午後8時までの時短を要請します。

 西脇知事は「このままの感染状況が続けば今の大阪府、兵庫県のような状況に近づく。そうなれば医療現場に負荷がかかり、救える命も救えなくなる」と話していました。

 また、国は京都の他東京、沖縄をまん延防止措置の対象区域に追加する方針で、9日夕方、正式に決定する予定です。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる