関西ニュースKANSAI

居酒屋や酒販売店に“独自支援金”の給付へ 大阪市

04/30 17:52

 大阪市の松井市長は、市内の酒類を提供する飲食店や、飲食店などの酒類を販売する事業者に対して、市独自の支援金を支給することを発表しました。

 松井市長は4月30日の記者会見で、緊急事態宣言の期間中に大阪府からの午後8時までの時短営業や休業要請に応じていて、1日の売上が10万円以上で、売上の2割以上を酒類が占めている店舗に対して、1日あたり最大2万5千円の支援金を給付すると発表しました。

 また、飲食店に酒類を販売する事業者に対して、最大で10万円の支援金を支給することも合わせて発表しました。

 申請の方法や受付の開始日については、詳細が決まり次第、大阪市のホームページで告知するということです。

 大阪市営業時間短縮協力金コールセンター
 ※酒類提供飲食店への支援に関すること
 電話番号:06-6655-0711

 ※酒類販売事業者への支援に関すること
 電話番号:06-6655-0820
 
 月曜日から土曜日 午前9時~午後5時30分(祝日を除く)

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる