関西ニュースKANSAI

【独自】「オンライン授業」実施の小中学校に土曜授業などで約50時間の授業補填を求める

05/24 18:57

 緊急事態宣言中に独自のオンライン授業を導入していた大阪市立の小・中学校に対し、市教育委員会が「50時間程度」の授業時間を補うよう通知していたことがわかりました。

 大阪市立の小中学校では、緊急事態宣言が発令された4月26日以降、自宅でのオンライン授業と学校での対面授業を組み合わせた独自の対応を実施し、24日から通常授業を再開しています。

 これについて大阪市教育委員会は24日、土曜授業を行うことや、1週間あたりの授業時間を1時間追加することなどの方法で、できる限り授業時間数を補うよう各学校に通知していたことが新たにわかりました。

 市教委によりますと、今回のオンライン授業で最大「50時間程度」の授業時間を補う必要があるということです。

 市教委は「1年間で決められた教育課程が終わるように、各学校で計画を見直し、対応してほしい」としています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる