関西ニュースKANSAI

神戸市で相次ぐワクチンミス・・・今度は「二重接種」と「注射器の紛失」

05/30 20:24

 神戸市は30日、新型コロナワクチンの集団接種会場でワクチンが入った注射器1本を29日に紛失したと発表しました。

 また、同じ日に、高齢者1人に対して誤ってワクチンを2回接種するミスもあったということです。

 29日、神戸市灘区の集団接種会場で、144人分のワクチンを用意していましたが、午前中のワクチン接種が終わった際に、注射器が1本足りないことがわかりました。

 神戸市は、盗難の可能性もあるとして警察に通報しましたが、現在も注射器は見つかっていないということです。

 また、同じ日の午後、70代の女性に対して誤ってワクチンを2回打ってしまったこともわかりました。

 担当医師によりますと、接種の際にワクチンが体の中に入っている感覚がなかったため、空気を注射したと勘違いし、女性に説明したうえで再度ワクチン接種をしたということです。

 この二重接種について保健所は「過剰投与した場合でも、副反応が大きくなることは治験によると報告されておらず、健康観察に注意する」としていて、この女性に対しては3週間後に2回目の接種をするということです。

 今回のミスに対して神戸市は、再発防止に努めたいとしています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる