関西ニュースKANSAI

18歳女性への性的暴行 自民党滋賀県連の元事務局長の初公判 「合意の上で性交渉」と無罪主張

10/14 13:44

 インターネットで知り合った女性に性的暴行を加えた罪に問われている自民党滋賀県連の元事務局長の男が初公判で無罪を主張しました。

 起訴状などによりますと、自民党滋賀県連の元事務局長・小島雄一郎被告は、2月、当時18歳の女性を車に連れ込んだうえ、滋賀県内で下着姿や運転免許証を撮影し、「裸で外に出したろか」と脅迫し、性的暴行を加えた罪に問われています。

 14日の初公判で、小島被告は「女性とは合意の上で性交渉した」と無罪を主張しました。

 検察側は、「小島被告が京都市内で女性を車に乗せ、滋賀県内で女性の頭部を手で押さえ付けるなどして、性的暴行に及んだ」と主張しました。

 自民党滋賀県連は、小島被告を先月15日付けで懲戒解雇しています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる