関西ニュースKANSAI

時短要請22日以降の“全面解除”検討 兵庫県内の飲食店からは期待と不安の声

10/14 18:45

 兵庫県が10月22日以降に時短要請の全面解除を検討していることについて、飲食店からは期待と不安の声が聞かれました。

 兵庫県では宣言が解除された10月1日から21日までの間、県内全域の飲食店などに午後9時までの時短営業を求めています。

 宣言解除以降、新規感染者の数が減少傾向にあることなどから斎藤知事は22日以降、時短要請の全面解除も視野に検討する方針です。

 兵庫県北部、豊岡市の飲食店からは・・・。

 (寿司割烹の店主)「ほんまやっとやな。やっとです」「注意しながら頑張ろうっていうふうに」。

 (居酒屋の店主)「全面戻ったとしても、すぐにお客さんは出ない。こんな田舎では」「ずっと(家に)いる癖がついているから。出にくいというか」。

 兵庫県は来週の対策本部会議で対応を決定する予定です。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる