関西ニュースKANSAI

京大「霊長類研究所」が大幅な組織再編へ 去年に約5億円にのぼる研究費の不正支出

10/15 16:31

 京都大学が、霊長類の研究拠点として国際的に評価される「霊長類研究所」を組織再編する方向で検討を進めていることがわかりました。

 京都大学の関係者によりますと、京大は愛知県に設置している霊長類研究所について、学部や研究科と並ぶ組織と位置づけられている「附置研究所」から除外するなど大幅な組織再編を検討しているということです。

 「霊長類研究所」の名称も変更される可能性があります。

 研究所をめぐっては、去年、松沢哲郎元所長らがチンパンジー用ケージをめぐる業者との取引で、架空取引や入札妨害などを繰り返し、約5億円にのぼる研究費の不正支出を行ったと京都大学が発表。

 松沢元所長らを懲戒解雇とするなど、あわせて6人について懲戒処分にしています。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる