関西ニュースKANSAI

不適切なワクチン使用を“隠ぺい” 注射器の使い回しや温度管理間違えた可能性 奈良・高取町

10/15 17:51

 奈良県高取町は、ワクチン接種で同じ注射器を2回使ったり保管方法を間違えたりした可能性があったことを公表し、謝罪しました。

 高取町によりますと、今年7月と8月の集団接種で同じ注射器を2回使った可能性があるということです。

 しかし町は、感染症のリスクがあるにも関わらず、対象者への連絡や検査をせずに隠ぺいしていました。

 また、正しい温度で保管できていなかった可能性があるワクチンをそのまま接種していたこともわかりました。

 町は対象者1578人に抗体検査を行っていて、会場には頭をさげる町長の姿が。

 (中川裕介・高取町長)「本当に心から深く反省し、またおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」。

 また、「2度打ち」の可能性がある99人には感染症検査も行います。

関西ニュースヘッドラインKANSAI

もっとみる